プリウスα大好き!|車大好きWEBサイト

プリウス(セダン)のワゴン/ミニバンタイプであるプリウスαは、居住空間、荷室スペースそして空力性能などをバランス良く取り入れた優れものです。

燃費

新型プリウスαの実燃費は?(東京~岐阜間を走って計測しました)

投稿日:2018年8月1日 更新日:

下取り前に「一括査定サイト」で愛車の価値を確認すること!

ディーラーに行く前に必ずやっておきましょう

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
珍しくはありません。

なぜならば、一括査定サイトを使うと、

大手の買取業者(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競って提示してくれるからです。

結果的に、
価格がつり上がることになります。

「オートックワン(株)」が、2011年の6月初旬、プリウスαを借りて燃費を計測しています。ここでは、そのレポートをご紹介します。
https://autoc-one.jp/nenpi/1706995/(要約)

ページトップの写真:
プリウスα「S」“ツーリングセレクション”(7人乗り)
https://toyota.jp/priusalpha/

スポンサーリンク

東京~岐阜間で、プリウスαの“実燃費”をチェックしました

車両及び運転方法

車両は、プリウスα「G」“ツーリングセレクション・スカイライトパッケージ”、7人乗りの17インチ仕様です。

状況による影響があまり出ないように「ECOモード」を選択しています。そして、ごく普通の現実的な運転を心掛けています。つまり、いわゆるエコドライブではありません。

なお、燃費は、ポイントの区間ごとにリセットして計測しています。

東京都世田谷~中央道 調布IC(一般道)

出発したのは午前6時台、外気温14度でエアコン(-)でスタートする。

一般道を走ること約10km、早朝で交通量は少なく、燃費22.0km/Lをマークする。出足好調である。

スポンサーリンク

中央道~長野道(高速道)

中央道 調布IC~双葉SA(高速道)

燃費「19.2km/L」(走行距離110.5km)、まずまずの数字をマークした。

中央道の相模湖辺りは、カーブが多く高低差もある。燃費表示は、途中では「15km/L」前後を示すこともあったが、甲府盆地に入るとなだらかな道となり燃費も安定してくる。

中央道 双葉SA~岡谷JCT~長野道 松本IC(高速道)

燃費「19.7km/L」(走行距離89.7km)

双葉SA(中央道)から岡谷JCT(中央道・長野道分岐)辺りまでは、かなりアップダウンがある。燃費表示は15km/L台、あるいは一時的に13km/L台を指すこともあった。

ちなみに、燃料計の目盛りは、双葉SAから約10km地点で1目盛り、松本ICの手前で2目盛り下がった。210kmも走って2目盛りしか減らないというのは、やはりさすがと言える。なお、プリウスαの燃料タンク容量は45リッターである。

プリウスαの高速巡航時の走りはとても素晴らしい。

新たに採用されたバネ上制振制御の恩恵が大きいと思われる。姿勢がフラットでかなり安定感がある。

スポンサーリンク

松本~安房峠~高山(一般道)

長野道 松本IC~国道158号~安房峠道路 平湯IC(一般道)

燃費は、長野道・松本IC~平湯IC~JR高山駅までの一般道をとおして計測した。
(燃費「22.1km/L」、走行距離95km)

外気温20度台半ばとなり、エアコンを入れる。

燃費の表示は、松本市郊外を走っている間はおおむね20km/hを超える。安房峠が近づくと上り勾配が続くため、15~16km/L台まで落ち込むこともあった。その後、少し挽回して「17.2km/L」(安房峠道路の高山側の平湯IC)となった。

途中、決して攻めるような走り方はしなかった。しかし、バネ上制振制御の恩恵であろう、コーナリング時のロールは抑えられ、そしてステアリングフィールもしっかりとしている。やはりプリウスαは良い車である。

安房峠道路 平湯IC~JR高山駅(一般道)

長野道・松本IC~平湯IC~JR高山駅の一般道をとおして計測した。
(燃費「22.1km/L」、走行距離95km)

安房峠から高山(岐阜県)までは微妙な下り勾配が続く。車速は上限60km/h+αで、適度に加速と減速が繰り返される状態となる。THSがもっとも得意とする走行パターンである。

ところで、燃料計はいつのまにか3目盛り下がっていた。

高山以降(林道なども有り)

JR高山駅~高山市散策~トヨタ白川郷自然学校

燃費「19.2km/L」(走行距離不明)

JR高山駅から高山市内を散策しながら約10km走り、安房峠道路とつながる中部縦貫道の高山ICに至る。

途中やや渋滞があり、高山ICでは、燃費17km/L台まで落ち込んだ。自動車道の制限速度は70km/hだが、当初はずっとなだらかな上り勾配が続く。平均燃費は落ち続けて14km/L台で安定してしまった。

飛騨清見JCTで東海北陸道へ入ると、下り勾配が続く。

アクセルを離してもなかなかスピードが落ちない。燃費は徐々に伸び、 白川郷IC手前の飛騨トンネル内でついに20km/L近くまで挽回した。白川郷ICを降りたところでは、燃費20.3km/Lをマークした。

最終目標であるトヨタ白川郷自然学校までは、上り勾配のため燃費は多少ダウンしたものの、最終的に燃費19.2km/Lをマークした。

「白山スーパー林道」での実燃費は?

燃費は「15.4km/L」(走行距離不明)

翌日、思いがけず「白山スーパー林道」の開通式に参加することになった。

さらにその後、一般道を約100kmほど走って、燃費「17.1km/L」であった。

最終的に、燃料計は半分の5目盛りで安定した。この時点で航続可能距離は354kmを表示していた。プリウスαの燃料タンクは、45リッターあるが、さすがに無給油で東京までは難しいと判断して給油する。

プリウスαで、東京~岐阜間を走ってみた燃費(まとめ)

東京都世田谷~中央道 調布IC(一般道)
燃費「22.0km/L」(走行距離約10km)

中央道 調布IC~双葉SA(高速道)
燃費「19.2km/L」(走行距離110.5km)

中央道 双葉SA~岡谷JCT~長野道 松本IC(高速道)
燃費「19.7km/L」(走行距離89.7km)

長野道・松本IC~JR高山駅(一般道)
燃費「22.1km/L」(走行距離95km)

JR高山駅~高山市散策~トヨタ白川郷自然学校(一般道)
燃費「19.2km/L」(走行距離不明)

「白山スーパー林道」
燃費「15.4km/L」(走行距離不明)

一般道
燃費「17.1km/L」(走行距離約100km)

感触としては、プリウス(セダン)の10%~15%落ちの燃費である。
エコドライブを意識すれば、燃費はもっと上がるはずである。

プリウスαが値引き金額から更に70万円安くなる方法

「この【プリウスα】、予算オーバーだ…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、

【プリウスα】の購入を検討しているけど
具体的にどうしたらいいか分からない…

と悩んでいる方が
たくさんいらっしゃることでしょう。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車が手に入るわけではありません。

そんな方にオススメの裏ワザを
ここでご紹介します。

下取り前に「一括査定サイト」で愛車の価値を確認すること!

ディーラーに行く前に必ずやっておきましょう

新車購入時に下取り車がある場合、
一般的にはディーラーで下取りを
してもらいます。

それとは別の方法として、
買取業者に買い取ってもらう
(一旦現金化する)という方法も
あります。

特に、買取業者がたくさん登録している
一括査定サイトを使うと、簡単な手続きで
満足のいく結果が得られます。

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
珍しくはありません。

なぜならば、一括査定サイトを使うと、

大手の買取業者(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競って提示してくれるからです。

結果的に、
価格がつり上がることになります。

なお、ディーラーで下取りされた車は、
そのディーラー系列でしか
売りさばくことができません。

これに対して、
買取業者が買い取った車は、
国内はもちろん国外にも売られてゆきます。

販路が大きい分、買取価格に
余裕が生まれます。

スポンサーリンク





-燃費

執筆者:

関連記事

プリウスαの燃費向上テクニック(アクセルとブレーキの踏み方を工夫する)

プリウスαの燃費は、次のようになっています。 JC08モード燃費(26.2km/L)、実燃費(19.61km/L)、燃費達成率(74.86%) ハイブリッド車は車両価格が高いですから、その分少しでも燃 …

新型プリウスαの燃費(一般道・高速道あるいは夏・冬の違いなど)

プリウスα(ハイブリッド車)は、エンジンとモーターを積載しています。モーターをうまく使ってエンジンの負担を少なくすると、燃費を向上させることができます。実際には、どのような走り方をすると燃費効率が良く …

プリウスαの燃費って実際はどうなの?(ほかの車種と比較してみよう)

プリウスα(2011年5月発売)は、トヨタの主力製品であるプリウス(セダン)の派生車です。 プリウス(3代目・ZVW30型)とプリウスαを比べると、エンジンやモーター、足回り形式など基本的なメカニズム …