プリウスα大好き!|車大好きWEBサイト

プリウス(セダン)のワゴン/ミニバンタイプであるプリウスαは、居住空間、荷室スペースそして空力性能などをバランス良く取り入れた優れものです。

モデルチェンジ

新型プリウスαフルモデルチェンジ最新情報、発売日は2018年11月?

投稿日:2018年7月22日 更新日:

下取り前に「一括査定サイト」で愛車の価値を確認すること!

ディーラーに行く前に必ずやっておきましょう

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
珍しくはありません。

なぜならば、一括査定サイトを使うと、

大手の買取業者(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競って提示してくれるからです。

結果的に、
価格がつり上がることになります。

プリウスαは、2011年5月(平成23)、国内に初登場しました。先行する人気車種「プリウス」(ハイブリッドセダン)をベースにした派生車(ステーションワゴン/ミニバン)ですね。

プリウス(セダン)は、既に2015年12月(平成28)、新型へモデルチェンジを行っています。次はいよいよプリウスαのフルモデルチェンジとなりそうです。

新型プリウスαは、2017年10月(平成29)、ドイツのニュルブルクリンクでテスト走行をする様子が捉えられました。YouTubeには、既にテスト走行時のスパイショット映像もアップされています。

トップ画像出典:最新自動車情報2018
http://car-report.jp/blog-entry-590.html

スポンサーリンク

大幅なデザイン変更(ステーションワゴンからSUVへ)

スクープされたテスト車両を見ると、大幅なデザイン変更が行われると予想されます。

現行モデルと比較して、フロントノーズが延長されています。また、最低地上高が高くなっているようです。ボディタイプとしては、今までのステーションワゴンからクロスオーバーSUVのようなタイプになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

新しい共通プラットフォーム技術の採用

新型プリウスαは、4代目プリウス(2015年12月)と同じく、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用します。TNGAは、トヨタの新しい共通プラットフォーム技術で、4代目プリウスで初めて採用されました。

TNGAの目指すものは、複数車種間で部品を共有化したり、シンプルで作りやすい標準規格の実現など、これからのトヨタを支える基本方針そのものと言えるでしょう。

この技術の発展によって、低重心による乗り心地や走行性能の向上などさまざまなメリットも得られます。

スポンサーリンク

ボディサイズが大きくなりそうです

ボディサイズがおおきくなると予想されます。以下のとおりです。
全長:4,725mm、全幅:1,790mm、全高:1,580mm、ホイールベース:2,780mm

ちなみに、4代目プリウスでは、TNGAを採用することによって、全長で80mm、全幅で15㎜拡大(全高は、20mm縮小)されました。

新型プリウスαでは、ルーフラインが地面と水平に近いシルエットになっています。このことによって、後部座席の居住空間や荷室空間をより拡大することができるでしょう。

具体的には、荷室容量590Lほどに拡大すると予想されます。

エンジンは、1.8Lから2.0Lへ(燃費はさらに向上)

最新型ハイブリッドシステム(THS-Ⅱ)を採用

新型プリウスαは、2018年2月に発表されたばかりの最新型ハイブリッドシステム(THS-Ⅱ)を採用しています。

4代目プリウスで採用された小型・軽量・低損失化技術を継承しており、20%の小型化と10%の軽量化を実現しています。

その結果、エンジンを1.8Lから2.0Lへと大型化したにもかかわらず、高い燃費性能を保ったまま、走行性能をより向上させています。

第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を採用

トヨタは、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、更なる事故低減への寄与を目指した第2世代システムに進化させ、2018年より順次、各車に導入するとしています。当然のことですが、新型プリウスαでも採用されるようです。

システムは、単眼カメラとミリ波レーダーの組合せでできています。第2世代システムでは、センサーの性能向上により夜間の歩行者検知なども可能となっています。

死亡事故の約7割が「歩行者事故」「正面衝突・車線逸脱」そして「追突」に分類されることを、ご存知でしたか。
これらの事故が起こりやすいシーンをカバーする先進の予防安全パッケージ、
それが「Toyota Safety Sense」トヨタセーフティセンスです。
衝突の回避や被害の軽減をサポートする。
ドライバーのミスや疲れをカバーして、事故を未然に防ぐ。
より多様なシーンでのリスクに応えるための性能向上や新しい機能を備え、
「Toyota Safety Sense」は進化を続けています。

引用:https://toyota.jp/safety/tss/

新型プリウスα、燃費、価格、そして発売日

予想される燃費性能は、現行モデルの26.2km/Lに対して、34.0km/L前後と予想されます。(JC08モード燃費)

4世代プリウス(セダン)で導入された電気式4WDシステム(E-Four)が、新型プリウスα(クロスオーバースタイル予想)でも選択可能となります。プリウスαの4WDモデルは、プリウスよりも人気がでそうです。

新型プリウスαの価格は、FF:260万円~、4WD:295万円~くらいでしょうか。現行モデルが約256万~ですので、多少の値上げとなります。先進装置代といったところかもしれません。

気になる発売時期は、2018年後半(11月)とみられます。

プリウスαが値引き金額から更に70万円安くなる方法

「この【プリウスα】、予算オーバーだ…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、

【プリウスα】の購入を検討しているけど
具体的にどうしたらいいか分からない…

と悩んでいる方が
たくさんいらっしゃることでしょう。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車が手に入るわけではありません。

そんな方にオススメの裏ワザを
ここでご紹介します。

下取り前に「一括査定サイト」で愛車の価値を確認すること!

ディーラーに行く前に必ずやっておきましょう

新車購入時に下取り車がある場合、
一般的にはディーラーで下取りを
してもらいます。

それとは別の方法として、
買取業者に買い取ってもらう
(一旦現金化する)という方法も
あります。

特に、買取業者がたくさん登録している
一括査定サイトを使うと、簡単な手続きで
満足のいく結果が得られます。

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
珍しくはありません。

なぜならば、一括査定サイトを使うと、

大手の買取業者(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競って提示してくれるからです。

結果的に、
価格がつり上がることになります。

なお、ディーラーで下取りされた車は、
そのディーラー系列でしか
売りさばくことができません。

これに対して、
買取業者が買い取った車は、
国内はもちろん国外にも売られてゆきます。

販路が大きい分、買取価格に
余裕が生まれます。

スポンサーリンク





-モデルチェンジ

執筆者: