プリウスα大好き!|車大好きWEBサイト

プリウス(セダン)のワゴン/ミニバンタイプであるプリウスαは、居住空間、荷室スペースそして空力性能などをバランス良く取り入れた優れものです。

そのほか

プリウスα「GR SPORT」(「S」”ツーリングセレクション GR SPORT”)

投稿日:2018年8月21日 更新日:

下取り前に「一括査定サイト」で愛車の価値を確認すること!

ディーラーに行く前に必ずやっておきましょう

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
珍しくはありません。

なぜならば、一括査定サイトを使うと、

大手の買取業者(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競って提示してくれるからです。

結果的に、
価格がつり上がることになります。

プリウスα「GR SPORT」は、「通称:G’s」(G SPORTS)の後継車です。2017年12月から販売されています。

「~G’s」から「GR SPORT」へ、スポーティーな走りと外装・内装はどのように変わったのでしょうか。

プリウスα「GR SPORT」も「~G’s」も共に、ベースになっているのは「S」”ツーリングセレクション”(5人乗り、7人乗り)です。

標準車(「S」”ツーリングセレクション”)と比べて、「GR SPORT」はどこが優れているのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

プリウスα「GR SPORT」は、G SPORTS(通称:G’s)の後継車

プリウスα「GR SPORT」の特徴

2015年2月、プリウスαに「G SPORTS(通称:G’s)」が追加設定されました。そして2017年12月、さらに改良が加えられ、トヨタのスポーツカーシリーズ「GR SPORT」の一員として生まれ変わりました。

プリウスα「GR SPORT」は、気軽にスポーツドライビングが楽しめる車として開発されています。以下のように、「~G’s」と同じ考え方・技術を追求しています。

  • ブレース(補強材)の追加によってボディー剛性を強化。
  • 専用チューニングしたサスペンションを搭載。
  • ハイブリッド車としての低燃費と走る楽しさを両立。

ダークブルーマイカ〈8T5〉

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

プリウスα「S」”ツーリングセレクション・GR SPORT”(5人乗り、7人乗り)2WD

プリウスα・GR SPORT(5人乗り)3,351,240円
プリウスα・GR SPORT(7人乗り)3,556,440円

ベースになっているのは、「S」ツーリングセレクション(5人乗り、7人乗り)です。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

外板色

プリウスα全9色(下記)のうち、6色(下記○印)を採用しています。

スーパーホワイトⅡ<040>
○ホワイトパールクリスタルシャイン<070>
○シルバーメタリック<1F7>
○グレーメタリック<1G3>
○アティチュードブラックマイカ<218>
○ダークレッドマイカメタリック<3P0>
ダークシェリーマイカメタリック<4W4>
スティールブロンドメタリック<4X1>
○ダークブルーマイカ<8T5>

主要装備

専用バンパー(フロント、リア)+専用ラジエーターグリル

専用フロントバンパー/ 専用ラジエーターグリル、右:標準車
(ダークメッキ加飾+黒艶塗装)

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用リヤバンパー(黒艶塗装ガーニッシュ付)、右:標準車

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用タコメーター(GRロゴ付き)、右:標準車

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

小径ステアリングホイール

専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
(シルバーステッチ+ GR エンブレム+スポーク部:ダークシルバー塗装)
(右:標準車)

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用フロントスポーティシート(右:標準車)

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用アルミホイール

225/45R18 91Wタイヤ(ダンロップSP SPORT 01)
+18×7.5J 専用アルミホイール(ハイグロスブラック塗装+切削光輝)
+専用センターオーナメント
(右:標準車)

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

225/45R18 91Wタイヤ(ダンロップSP SPORT 01)
+18×7.5J 専用アルミホイール(ダークスパッタリング)
+専用センターオーナメント
※GR SPORT専用メーカーオプション
(右:標準車)

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用チューニングサスペンション&専用ブレーキキャリパー

(左)専用チューニングサスペンション
(約25mmダウン)
(右)専用ブレーキキャリパー
(ホワイト塗装〈フロント・リヤ〉/GRロゴ付〈フロントのみ〉)

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用装備 パフォーマンス

専用剛性アップパーツ

1.スタビライザーブラケット大型一体構造
2.フロントサスペンションメンバーブレース
3.フロアセンターブレース
4.リヤバンパーリインフォース

専用空力操安パーツ

A.フロントホイールハウス後端スパッツ
B.フロントサスペンションメンバーブレーススパッツ
C.リヤブレース一体スパッツ
D.リヤブレーススパッツ

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

スポンサーリンク

プリウスα「GR SPORT」と標準モデルはどこが違うのか?

目立つバンパーのフォルム

バンパーは、標準グレードでは色合いはモノトーンになっています。これに対して、「GR SPORT」では、ボディーカラーが映えるような細かい工夫が施されています。

フロントバンパーの前面が、ビレットグリル風になっています。

フォグランプが楕円形から丸型に変わり、フォグライト回りのフォグベゼルが大きくなっています。

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉

引用:https://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

リアバンパーはモデル特別仕様のデザインに変更されています。リアリフレクター回りのガーニッシュが大きくなっています。スポーツカーの排気ダクトを連想させるような大胆なデザインです。

引用
ttps://toyota.jp/priusalpha/grade/gr_sport/

専用のスポーツサスペンション(ダウン量25mm)を採用

プリウスα「GR SPORT」には、「~G’s」の場合と同様に、専用のスポーツサスペンションが装着されています。(ダウン量25mm、全高約15㎜ダウン)

下記の補強パーツ・空力パーツと組み合わせることによって、乗り心地も考慮した最適なセッティングが施されています。

走り実現のため補強パーツ・空力パーツを装着

「~G’s」の場合と同様に、専用サスペンションを生かすために、床下剛性アップや空力パーツを装着しています。

リアバンパーの後ろに、リーンホースメント(補強部材)が装着されています。ボディー剛性の強化、及び後ろから追突された場合の衝撃緩和など、安全性を高めています。

空力パーツとして、「スパッツ」(覆い)が足回り各部に装着されています。

スパッツの役割は、タイヤ付近やボディー下の空気の流れを制御して、空気抵抗と車両の浮き上がりを抑制することです。

プリウスαが値引き金額から更に70万円安くなる方法

「この【プリウスα】、予算オーバーだ…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、

【プリウスα】の購入を検討しているけど
具体的にどうしたらいいか分からない…

と悩んでいる方が
たくさんいらっしゃることでしょう。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車が手に入るわけではありません。

そんな方にオススメの裏ワザを
ここでご紹介します。

下取り前に「一括査定サイト」で愛車の価値を確認すること!

ディーラーに行く前に必ずやっておきましょう

新車購入時に下取り車がある場合、
一般的にはディーラーで下取りを
してもらいます。

それとは別の方法として、
買取業者に買い取ってもらう
(一旦現金化する)という方法も
あります。

特に、買取業者がたくさん登録している
一括査定サイトを使うと、簡単な手続きで
満足のいく結果が得られます。

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
珍しくはありません。

なぜならば、一括査定サイトを使うと、

大手の買取業者(最大10社)が
あなたの車の買取価格を
競って提示してくれるからです。

結果的に、
価格がつり上がることになります。

なお、ディーラーで下取りされた車は、
そのディーラー系列でしか
売りさばくことができません。

これに対して、
買取業者が買い取った車は、
国内はもちろん国外にも売られてゆきます。

販路が大きい分、買取価格に
余裕が生まれます。

スポンサーリンク





-そのほか

執筆者:

関連記事

プリウスαはプリウスの派生車(プリウスの歩み)

プリウスα(2011年5月)は、プリウス(ハイブリッド・セダン)の派生車です。 ここでは、プリウスの歴史について簡単にまとめてみました。 このページの目次ですプリウスは、世界初の量産ハイブリッド専用車 …

プリウスα「S」“ツーリングセレクションG’s”の内装・外装がすごい

プリウスα「S」“ツーリングセレクションG’s”(G SPORTS)は、「S」“ツーリングセレクション”をベースグレードとして、上質感とスポーティーさを両立させた「走るため」のグレードです …